結婚詐欺の定義と手法や見分け方(手口・テクニック・特徴)

結婚詐欺の定義と手法や見分け方(手口・テクニック・特徴)

「詐欺」は手口やテクニックの巧妙化に伴い、様々な形で進化を遂げています。「詐欺」の中でも今も昔もあるものとして「結婚詐欺」があります。晩婚化・非婚化の時代ですが、結婚は誰しも願望があります。願望を付け狙い金銭をだまし取る「結婚詐欺」は今でも後を絶ちません。

 

結婚詐欺の定義は元々結婚をダシにした「詐欺」であり、刑事罰では「詐欺罪」にあたります。手法としては、何気ないところで出会い、進展していくうちに「借金の保証人になって欲しい」「マンション購入の頭金の肩代わりをして欲しい」といった形でお金をだまし取るものが特徴としてあります。騙す条件としては会社社長や一流サラリーマンなどのエリートがはまりやすい傾向にあります。エリートが参加する婚活パーティーや交流会に参加して、女性に出会ったが騙されたという実例も存在します。詐欺として身構えていてもどこから詐欺になるのか、分別の付きにくい事例もあり、古くからある結婚詐欺でも今も昔も被害があるという現状があります。

 

結婚詐欺にかからない対策としては、常に結婚詐欺があると言うことを意識することも大切ですが、手法が巧妙化しているだけに、結婚詐欺なのかどうかの手法の判別するための見分け方も教えてくれますので、探偵事務所で無料相談をしてみると良いですよ。探偵事務所に相談すると、相手の素性だけではなく、過去の事例に至るまで綿密に調査してくれますよ。未然に対策する、あるいは騙され、結婚被害に遭われた場合は、お金を取り戻すためにも一度、探偵事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

 

結婚 詐欺