結婚詐欺被害にあう老人の傾向と対策

結婚詐欺被害にあう老人(年輩・お年寄り)の傾向と対策

結婚詐欺は老若男女誰でも被害に遭うことのある詐欺です。かつては若い女性が被害に遭うケースもありますが、非婚・晩婚化はもちろんのこと、婚活パーティなど恋愛や結婚の多様化により、結婚詐欺の手口も多様化をしております。恋愛や結婚そのものも若い人の特権ではなく、還暦を迎えた老人達の恋愛や結婚も少なくありません。

 

齢を重ねても恋や結婚はしたいものですが、願望につけ込んでつけ込む異性がいます。異性は「熟年離婚を成立ための示談金が欲しい」「そろそろ介護を受けるような時期なので介護費が欲しい」「サラリーマン時代から残っている借金を返済したい」「介護施設に近いマンションに引越ししたいが、準備費用がない」といった文句を用いて、年金などのお金をだまし取る、といったケースもあります。

 

老人というと、サラリーマン生活や年金でお金が有り余っている、というイメージがあり、「おひとりさま」と呼ばれるイメージがあり、人との出会いをつけ込んで詐欺を行うケースもあります。さらに老人には働いている時以上に様々な「不安」があるため、若い人以上に騙されやすい性質を持っています。では、騙されないための対策としては、手口が巧妙化している分、一度探偵事務所に無料相談で問い合わせてみると良いですよ。結婚詐欺から未然に防ぐための対策はもちろんのこと、結婚被害からお金を取り戻すための証拠集めまで丁寧に応対してくれます。一人で悩まないで一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

結婚 詐欺