結婚詐欺被害にあった場合の警察の対応

結婚詐欺被害にあった場合の警察の対応について

結婚詐欺は昔からある詐欺の一つとして知られていますが、インターネットの出会い系サイトの他にも「婚活パーティー」などがあり、出会い系サイトや婚活パーティーを付け狙い結婚詐欺を行う人もおり、実際に被害に遭った人もいます。

 

結婚詐欺は基本的に「詐欺罪」という刑事罰にあたるのですが、刑事罰として警察に相談をするのも一つですが、立件をする際、証拠が不十分であれば、相談にすら乗ってくれません。ただ、どのような証拠が必要なのかは相談してくれます。証拠が揃った場合、被害者が自ら被害届を書く必要があり、証拠もきちんと提示しなくてはいけません。被害届を書き、証拠を提示した時点で初めて警察が動き、刑事罰が問われるようになります。

 

しかし警察はあくまで「刑事罰」として訴えるための手段ですので、被害を受けた際の金額の返済までは対応していません、警察には「民事不介入」の原則があるため、金銭のやりとりなどに首を突っ込むことができません。結婚詐欺として民事・刑事双方で訴えたいと言う方であれば、探偵事務所で調査することをおすすめしますよ。金銭のやりとりを行った証明や人間関係に関する情報などがあれば、刑事・民事双方で訴える証拠を見つけることができます。無料相談もありますので、泣き寝入りせず、気軽に相談する事ができますよ。警察に相談する前に立件するための証拠を揃える、あるいは民事訴訟で結婚被害を受けたお金を取り戻すために探偵事務所に相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

結婚 詐欺 相談