弁護士・法律事務所による結婚詐欺被害の対策

弁護士・法律事務所による結婚詐欺被害の対策について

詐欺罪は今も昔も存在しますが、古くから存在する詐欺として「結婚詐欺」があります。一昔前では意図的な出会いから、もしくは「出会い系サイト」などインターネットを介して詐欺を行う手口も存在します。いずれにせよ結婚を前提に異性と付き合うのですが、付き合っていく中で結納や婚約などのことを行います。行う中で「結婚費用」や「引越し費用」「婚前旅行」などの費用が発生します。あるいは結婚をするまでにかかる借金などを肩代わりして欲しい、と言った事もありますが、費用面をつけ込み詐欺を行うといった手口です。

 

技術の進歩により、手口も多様化・巧妙化も進んできており、法の網をかいくぐって結婚詐欺を行うこともあり、被害者も十分な立証を立てることができず、泣き寝入りしてしまうこともあるそうです。

 

結婚詐欺を未然に防ぐためには、相手の身元をはっきり知る事、金銭のやりとりがあった場合は借用書などをつくり、形として残すことが挙げられます。しかし未然に対策をおこなったとしても、被害に会ってしまう実情もあります。被害に遭った場合は刑事・民事双方で訴えることができるのですが、訴える条件としてどのような証拠が必要で、刑事罰を賭けることができるのか、慰謝料を取ることができるのかは弁護士に相談をするのが一番ですよ。弁護士の中には結婚詐欺に詳しい方もいますので、法律の面から親切丁寧に対応することができますよ。結婚被害に遭った、もしくは会いそうになった時は無料相談のある弁護士に相談をしてみてはどうでしょうか。

 

結婚 詐欺